top of page
  • 執筆者の写真Suns B Blank

2023.12.29(FRI) Suns B Blank POPUP AMAMI ISLAND @ en- Hostel & Café bar

更新日:2023年12月28日


2023年12月29日(金)Suns B Blank Baronの出身地である奄美大島でPOPUP STOREを開催します。

2024年の新作や、デザインを提供しているOki Hands Oki Hearts(以下、OHOH)の商品なども販売します。


OHOHは沖縄県の嘉手納町に店舗があり、米軍基地に住む方々が帰国をする際に、寄付をしてくれる商品などを中心にドネーションで商品を集め販売しています。

新品とUSED商品がありますが、品質が良く、売り上げは沖縄県にある児童養護施設へ寄付されます。


今回は、おもちゃから子供服、大人用の洋服、スニーカーなどを委託販売します。


また Chihiro Matsubara from Suns B Blankによるモイスティーヌ美容体験、スキンケア講座(無料・要予約)、ヘッドスパなども行います。


講座開催時間(無料)

①11:00~12:00

②14:00~15:00

③17:00~18:00


事前予約で半額になります。(所要時間全て15分)

Instagram

@chihiro_mois.ueta_sunsb までDMでご予約ください。

美容液足湯体験・ハンドマッサージ体験

1000円


ドライヘッドスパ・美容液足湯+ハンドマッサージ体験

2000円





DATE: 2023.12.29(FRI) 10:00-19:00

PLACE: en- Hostel & Café bar



また、大城清太×Suns B Blank Goodsも販売決定!

是非、遊びにお越し下さい。






大城清太 × Suns B Blank W NAME ITEMSが2023年12月2日(土)より発売開始。 販売店(Foodie & Coach Jacketは①〜③のみ、MA-1 Jacketは④のみ限定販売) ① JAY AMAMI 浦添パルコシティPOPUP STORE ② JAY OKINAWA 具志川イオンPOPUP STORE ③ JAY OKINAWA 北谷イオンPOPUP STORE ④ Suns B Blank ONLINE STORE ※ 商品の売り上げの一部を大城清太の主催する育樹活動 EARTHTREE PROJECTへ寄付致します。 ーFrontー 天描画家 大城清太がデザインを担当した。 Suns B Blankと大城清太の「TENBYO」コレクション 「VISUAL TRANSMITTER」のロゴを融合させたデザイン。 ーBACKー 【〜拡竜〜KAKURYU】 拡竜は地球の自然や 子供達の成長を見守り育む竜神。 自然や子供達に対するたくさんの愛情が拡竜という 流れとなって世の中に大きく拡がり、 子供達の心に芽生えた夢や希望の蕾を たくさんの愛情で守り育て開花させる。 開花して実をつける頃にはこの子達が次世代を 育む拡竜となって次の子供達へと愛情を注ぎ、 たくさんの愛情で世の中を循環させる。 そして自然を大切にし、持続可能な地球を守り続けたいという想いが込められている。 竜が育てる蕾(子供達)の根っこには 大城清太× Suns B Blankが土台となっており 無限大の可能性を表している∞








”天描画家 大城清太”とは…

0.03ミリという極細ペンを使い、点で世界を描く画家。

その世界観は 神人(かみんちゅ)の祖母に聞かされた物語のイメージを表現している。

まるで天から絵が降りてくるように描き始めたという。

※神人とは、沖縄各所にある“御嶽”(うたき)で祭事を行う人。


祖母の話では、天という漢字は分解すると「二」という数字と「人」になる。

「二人」とは自分と自然のこと。

人と自然のつながりを絵にしている清太さんは、人と自然、命と自然が一つになった言葉「天」を使って「天」描画家と名乗っている。

清太さんの作品は、“自然という神に感謝する”という沖縄文化を感じさせる。

それは今、私たちが忘れてかけている大切な想いであり考え方なのかもしれない。

だからこそ、多くの人が彼の絵に、そして言葉と想いに惹かれていく。


”EARTHTREE PROJECT(アースツリープロジェクト)”とは… 「使ったら返すモノコトづくり」をコンセプトに2017年から活動を開始。 国頭村・国頭村森林組合等と協力し、カラギ(オキナワニッケイ)の植樹・育樹活動や次世代を担うクリエイターの人材育成活動などを行う。 クリエイティブなアイデアでこれからの人と自然の関わり方を提案し、心豊かに生きるための仕組みや循環を作ることがアースツリープロジェクトの目的。







最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page